共同研究

大学等との共同研究

弊社では、この超高減衰テクノロジー(「GRAST」)の更なる高度化と、広く一般に普及させることを目指して、大学、各業種大手メーカー等、多方面・業界との共同研究を行っています。その成果として高層ビルや戸建住宅の制振装置、コンピューターの制震ラック等、様々な分野への実用化が進んでいます。

今後も多くの方々との共同研究により、「GRAST」の無限の可能性を追求し続けていきます。

高層ビル

研究の内容

京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻・竹脇/辻研究室と2005年より共同研究を実施しています。
この共同研究においては、住友ゴムの超高減衰ゴム制振材を高層建築物に組み込んだ場合の地震応答および風応答の低減効果を、高硬度ゴムに対する極微小変形動的載荷実験などの実験的研究、および、等価線形解析などの理論的研究を通じて検証し、常時作用するような微小な風外乱から極めて稀に発生する大地震までの広い範囲にわたって、居住性に関連する加速度応答と、構造安全性に関連する変位応答をバランスよく低減させることが可能であることを明らかにしました。

共同研究者

竹脇 出

教授: 竹脇 出
Takewaki Izuru

京都大学 桂キャンパス
C1棟3階382号室
TEL 075-383-3294
FAX 075-383-3297

研究室ホームページ

住友ゴムの高硬度ゴムダンパーの魅力は、(1)極小振幅から大きなエネルギー吸収が期待でき日常頻繁に発生する風に対して有効であること、(2)温度や振動数に対する依存性が他製品とは比べものにならないほど低く建築の構造設計で使いやすいこと、(3)種々の力学特性をもつダンパー材を自由自在に作ることができる点にあると思います。

これまでも種々の制振ダンパーを見てきましたが、住友ゴムの高硬度ゴムダンパーは制振構造の分野に革新をもたらすすばらしい材料であると感じています。共同研究を一層発展させ、高層建物の居住性と安全性を飛躍的に向上させることで世の中に貢献したいと考えています。

辻 聖晃

准教授: 辻 聖晃
Tsuji Masaaki

京都大学 桂キャンパス
C1棟3階381号室
TEL 075-383-3295
FAX 075-383-3297

研究室ホームページ

1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震においては,最低限の耐震安全性の保証だけでは地震後の生活や経済活動の再開にいたるまでに多大の時間と費用が必要となることがあらためてクローズアップされ,耐震安全性にいかに「マージン」をもたせるかが,建物の「品質」にとって重要な要件の一つであることが明らかになりました.

住友ゴムの高硬度ゴムは,適度な剛性と減衰性能を建物に付与することができるため,新築建物だけではなく,耐震性能が不十分な,あるいは,耐震性能に大きなマージンを付与したいような既存建物の耐震補強にも適した材料であるといえます.本研究室では,より快適で安全な建築・都市を構築するために,高硬度ゴムダンパーおよびそれを用いた耐震補強法のモデル化・性能検証実験・設計法の構築などの研究を行っています.

ページトップへ

戸建住宅

研究の内容

信州大学工学部社会開発工学科建築コース・五十田研究室と2007年3月より共同研究を実施しています。
五十田研究室は、現在・過去・未来の木質構造に関する研究、新材料を用いた建築構造に関する研究、建物の健全性評価のためのヘルスモニタリングシステム(建物の健康診断と体力測定)に関する研究を行っており、本共同研究においては、住友ゴムの高減衰ゴムが持つ性能のさらなる高度化を図り、在来軸組住宅向けの構法開発に取り組んでいます。

共同研究者

五十田 博

教授: 五十田 博
Isoda Hiroshi

信州大学
長野(工学)キャンパス

近年、住宅の高耐震化や既存木造住宅の耐震補強推進の取り組みが活発になされており、高減衰ゴムは高耐震化を可能にする材料として注目されています。住宅の耐震化では、大地震時に倒壊に至ることのないよう強度や変形能力が必要とされることはもちろんですが、中小規模の地震においても被害を最小限に食い止めるために微小変形領域での堅さとエネルギー吸収性能も必要です。さらに、住宅では構造躯体に関して定期的にメンテナンスをするようなことは考えにくいため、十分な耐久性を持ったものである必要があります。住友ゴムの高減衰ゴムは現状でもそれらの性能を兼ね備えた材料といえます。共同研究ではそれら性能のさらなる高度化を図るとともに、構法開発も併せて行っています。

ページトップへ

橋梁

研究の内容

東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻・川島研究室と2010年9月より共同研究を実施しています。
本共同研究では、動的解析技術を用いて橋梁の地震応答低減に対する高減衰ゴムダンパーの有効性に関する検証を行っています。高減衰ゴムが持つ性能をさらに向上させて、橋梁の耐震分野への実用化に向けた開発に取り組んでいます。

共同研究者

川島一彦

教授: 川島一彦
Kazuhiko Kawashima

東京工業大学大学院
理工学研究科 土木工学専攻

住友ゴムと超高減衰ゴムを用いた橋梁用制震ダンパーの開発に関して、共同研究を実施しています。橋梁分野では早くから各種の免震化の試みがされてきていますが、鉛プラグ入り積層ゴム支承や高減衰積層ゴム支承を用いた免震設計は平成元年あたりから導入されるようになってきました。2011年東北地方太平洋沖地震では、従来型の鋼製支承を用いた橋梁では被害が著しいのに対して、LRBやHDR等積層ゴム支承を用いた橋梁では全般的に被害が少ないことが明らかになりつつあります。しかし、今後、橋梁の耐震性確保と同時に、ドライバーの安全性確保を図るためには、現状よりもさらに橋全体系の減衰定数を高めていくことが求められています。このためには、住友ゴムが開発を進めている超高減衰ゴムを用いた制震ダンパーの利用は魅力的であり、新材料を活かした次世代型免震設計に関して研究していきたいと考えています。

ページトップへ

論文集

高硬度ゴム粘弾性ダンパーによる建築物の居住性能の改善 ダウンロード
高硬度ゴム粘弾性体の極微小変形から大変形までの歪・振動数依存性のモデル化 ダウンロード
風に対する建物応答低減のための高硬度ゴムダンパーによる極小振幅時付加減衰 ダウンロード
高硬度ゴム粘弾性ダンパーによる建物の風応答低減効果に関する実験的研究 ダウンロード
高減衰型粘弾性ダンパーを用いた梯子状梁による耐震補強効果 ダウンロード
橋梁の地震応答低減に対する高減衰ゴムダンパーの有効性に関する研究 ダウンロード

ページトップへ